スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第259話 定石の基本型-22-①  

聖子 「 次の定石はこれです。 」

0259.jpg

テイ 「 これは黒が高くカカリだな。 」

渚 「 その後白がハサんで・・・。 」

テイ 「 で? 」

0259-1.jpg

聖子 「 黒の応手としては、A・B・Cの3つで良いと思います。 」

テイ 「 3つと言ってもよ、いつもその変化が多いぜ。 」

渚 「 そうですね。 定石辞典を見ると変化が多すぎます。 」

聖子 「 確かにその後の変化は多いですね。 」

テイ 「 だろ? 例えばこのAのツケにしても、その後があるんじゃねぇのか? 」

0259-2.jpg

聖子 「 はい。 おっしゃるとおりで図のようにまた3つ。 」

渚 「 あ~ぁ。 」

テイ 「 ため息もつきたくなるぜ。 なぁ、渚。 」

渚 「 そうですね。 覚える事ばかり。 完全にオーバーフローです。 」

聖子 「 私もです。 」

テイ 「 おいおい。 」

聖子 「 とりあえず代表的なものだけやりましょうね。 」

テイ 「 あたり前田のクラッカーだぜ。 」

渚 「 全部は無理ですからね。 」

聖子 「 では、まずはツケからのハネ出しを。 」

0259-3.jpg

テイ 「 その時点でお先真っ暗じゃねぇか。 」

渚 「 だから勉強するしかないんですよね。 」

聖子 「 そうですね。 例えばこれですと白のO-17が大事な一手です。 」

0259-4.jpg

テイ 「 そんなところにかよ。 」

渚 「 わざわざ取られに行くような手ですね。 」

0259-5.jpg

聖子 「 この手がこの型のポイントで、これがあるのでツケが成立します。 」

テイ 「 なるほどなぁ。 」

渚 「 つくづく定石って考えられているのだなぁ~と感心しますね。 」

聖子 「 そうですね。 手筋の連続ですからね。 」

テイ 「 どうせこれの変化もあるよな? 」

聖子 「 とりあえずそれはいずれという事で。 」

渚 「 助かったぁ~。 」



※ お知らせ  
  いつもご覧いただきありがとうございます。
  誠に勝手ながら、現在は不定期の更新とさせて頂いておりますので、
  次回の更新日は未定でございます。
  また、↓ ご面倒でなければ応援のクリックを頂ければ幸いでございます。



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。