第250話 定石の基本型-13 

聖子 「 次の定石はこれです。 」


0250.jpg


テイ 「 一間高バサミだな。 」

渚 「 これもきびしいですよね。 」

聖子 「 白はP-6と中に出て行きたくなりますね。 」

テイ 「 その後はスベリを打って治まりか? 」

聖子 「 そうですね。 ただ黒のハサんだ手が白の一団に近いという感じもします。 」

テイ 「 確かにそんな気もするぜ。 」

聖子 「 でもこれで双方十分なのでそれほど気にしなくてもいいと思います。 」

渚 「 白が三三に打つのはどうですか? 」


0250-1.jpg


聖子 「 これもあると思います。 ただ注意しないといけないのは。 」


0250-2.jpg


渚 「 下辺の星に黒石がある時ですね。 」

聖子 「 この時は押さえる方向を間違えないことですね。 」

テイ 「 これだと黒の壁がすごいぜ。 」

聖子 「 押さえる方向でまったく形勢が変わるので気をつけないといけないですね。 」

テイ 「 それがよ、よく間違えるんだぜ。 」

渚 「 そうですね。 押さえる方向、気をつけないといけないですね。 」



※ お知らせ  
  いつもご覧いただきありがとうございます。
  誠に勝手ながら、今後は不定期の更新になります。
  また、↓ ご面倒でなければ応援のクリックを頂ければ幸いでございます。



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment