スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第239話 定石の基本型-2 

聖子 「 今度の定石はこれです。 」


0239.jpg


テイ 「 スベリがなくて、すぐにヒラキかよ。 」

聖子 「 これは左下隅とのバランスを考えて打つことが多いですね。 」

渚 「 やはりこれも左下隅が関係してるんですね。 」

聖子 「 定石自体は部分だけなのですが、選択する場合周囲の配置を考えます。 」

テイ 「 二間ビラキは打たないのか? 」


0239-1.jpg


聖子 「 もちろんさきほどの二間ビラキも定石としてあります。 」

渚 「 どちらでも良いけど左下とのバランスですね。 」

聖子 「 そうですね。 先ほどの二間ビラキと比べると三間にひらいています。 」

テイ 「 一路広いな。 」

聖子 「 その分この後の手が多いのです。 」

渚 「 というと? 」

聖子 「 次は黒の打つ番なのですが。 」


0239-2.jpg


テイ 「 なんだ? 」

聖子 「 AからFまで約6か所ほど候補があります。 」

渚 「 こんなに打てる場所があると迷いますね。 」

テイ 「 そうだな。 多すぎてどこに打てば良いのかわからねぇぜ。 」

聖子 「 これも周囲の石の配置で決めるしかないですね。 」

渚 「 右上隅や左下隅に黒があるのか白があるのかということですね。 」

聖子 「 はい。 どちらの石があるのかで考えるといいですね。 
    もちろん、手を抜いて他の場所に打つこともできますよ。 」

テイ 「 そうか。 手を抜くという事も選択肢の一つか。 」

渚 「 もしも手を抜くと白から打つことになるから。 」 

 
0239-3.jpg


聖子 「 白から打つとすると、3か所ですか。 」

テイ 「 その3か所はなんとなくわかるぜ。 」

渚 「 そうですね。 今までに教えて頂いたことがある場所ですね。 」

聖子 「 黒も白も打つ場所が多いので最終的には配置と好みになりますね。 」



※ お知らせ  
  いつもご覧いただきありがとうございます。
  誠に勝手ながら、今後は不定期の更新になります。
  また、↓ ご面倒でなければ応援のクリックを頂ければ幸いでございます。



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。