スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第237話 定石の理由⑧ 

聖子 「 2か所切るところがやはりできます。 」


0236-5.jpg


テイ 「 とりあえず外を切ると? 」


0237.jpg


渚 「 何度も出てくるキリですね。 」

0237-1.jpg


聖子 「 外の石は捨て石で隅を取ります。 」

テイ 「 これは黒が悪いんじゃないのか? 」

聖子 「 Q-5に黒がもう一子あって力をためてるところなので白は満足ですね。 」

渚 「 あぁ~。 確かに黒石は多いですからね。 」

テイ 「 となると? 」


0237-2.jpg


渚 「 出切って黒は中を切る。 」


0237-3.jpg


聖子 「 切った石は捨て石にして外をシチョウにかかえますが。 」

テイ 「 P-4に出る手があったんだな。 」

聖子 「 その手も残っています。 」

渚 「 黒の石数の多いところで白は生きることができたのでこれで十分ですか? 」

聖子 「 そうですね。 ですから黒は軽いトビを打つのが良い手になりますね。 」

テイ 「 よく似た形でも実際は違うという事か。 」

聖子 「 一手一手にそれなりの意味があって定石として確立しています。 
    できれば形だけではなくその意味も知ることができればいいのですが、
    とりあえずは丸暗記をしてからでも遅くはないですね。 」

渚 「 そうですね。 まずは覚えないとその意味もわかりません。 」

テイ 「 俺は覚える事が大変だぜ。 」

聖子 「 確かに定石辞典を見るとすごく量が多いので気後れしてしまいますね。 」

渚 「 はい。 何百ページってあります。 」

聖子 「 それと研究が進むとその定石自体が変化していきます。 」

テイ 「 新手か。 そうなるともうお手上げだぜ。 」

渚 「 定石も日々研究されてどんどん新しいのが出てくると。 」

テイ 「 とてもついていけねぇぜ。 」

聖子 「 では、最低限覚えて頂きたい定石を説明しましょうか? 」

テイ 「 ん? 」

渚 「 たくさん覚えなくても良いのですか? 」

聖子 「 とりあえずこれだけ覚えておけば打てる定石を説明しますね。 」

テイ 「 そいつは助かるぜ。 」

聖子 「 定石の基本型を勉強しましょう♪ 」



※ お知らせ  
  いつもご覧いただきありがとうございます。
  誠に勝手ながら、今後は不定期の更新になります。
  また、↓ ご面倒でなければ応援のクリックを頂ければ幸いでございます。



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。