第195話 隅からのハネ 

聖子 「 いいですか? 黒が打つ場所は5か所で~す。 」


0194-1.jpg


テイ 「 そのツケに対して5か所もあるのかよ。 」

渚 「 ということは、5か所にそれぞれ変化があるのだから・・・。 」

聖子 「 確かに変化図まで入れるとかなりの量になりますが、
    ここでの変化を覚えてしまうと他でも使うことができるようになりますから。 」

テイ 「 なるほど。 それはそうだな。 」

渚 「 しっかり覚えてしまえば、他でも応用がきくようになりますね。 」 

聖子 「 はい。 そうなんです。 
    まったく同じ局面はないかもしれないですが、よく似た局面で利用できます。 」

テイ 「 応用。 簡単なようで難しいがよ。 」

渚 「 囲碁は知らないとまったく打てないことがほとんどだから、
   一つでも多く知っている方が良いですよね。 」

テイ 「 その通りだぜ。 ただそれは囲碁に限った事じゃぁねぇがよ。 」

渚 「 確かに。 では、とりあえずがんばって一つ一つ覚えます。 」

聖子 「 はい。 では、最初は隅の実利を重視した手から。 」


0195.jpg


渚 「 とりあえず黒は隅を確保できたようですけど? 」

聖子 「 隅を取った代わりに白も二間ビラキを打てたので、
    これからの局面で黒がどう打っていくかが作戦の帰路ですね。 」

テイ 「 なるほど。 俺なら1子取ってみたいがそれはどうなんだ? 」

聖子 「 もちろんそれもありますね。 」

渚 「 1子を取ると? 」


0195-1.jpg


聖子 「 白はQ-4とO-2の2か所アタリを打って軽くN-5にトビます。 」


0195-2.jpg


渚 「 おー! すごい。 」

テイ 「 かっこいい手だぜ。 」

渚 「 先ほどの図と比べると石が弾んでいるような気がしますね。 」

聖子 「 N-5の石以外は利かした石なので、捨てるつもりで打つと良いですよ。 」

テイ 「 捨てるのかよ。 」

聖子 「 はい。 黒が取りに来たら捨てる、それも大事な事です。 」 

渚 「 捨て石の利用ですね。 」

聖子 「 はい。 右下はあくまでも黒の勢力圏内なのであまりがんばらない。 」

渚 「 攻められる石を作らないようにですね。 」

聖子 「 はい。 軽く打つのが大事ですね。 」




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment