スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第172話 三間は少し薄い? 

佐藤 「 ということで、オチもついたところで昼食休憩の時間です。 」

藤田 「 待ってました!!! 」

佐藤 「 こりゃぁ、来期もあかんね。 」


藤田 「 えーっと、みなさ~ん。 」

佐藤 「 ん? 」

藤田 「 お昼ですけど、どなたかご一緒に行きませんか? 」

佐藤 「 え? まさか? また? 」

藤田 「 まさかのおソバですけど、どうですか? 」

佐藤 「 みなさん、それぞれ予定があるでしょうから。 」

藤田 「 挑戦したい方もいるかもしれないしさ。 」

佐藤 「 そうかもしれないですけど。 」

藤田 「 え? 多すぎる? 」

佐藤 「 ですよね。 食べきれないですよ。 」

藤田 「 残念だな・・・ニコラちゃんも行くかもしれないよ? 」

佐藤 「 行きます!!! 」

藤田 「 行くんかい! 」

佐藤 「 行くにきまってるでしょ。 ねぇ、みなさん。 
     ほーら、5人ぐらい手をあげられてますよ。 」

藤田 「 ふん。 ニコラちゃんは出前で頼んでおいたから行かないよーだ! 」

佐藤 「 ・・・ 」 

藤田 「 さすがにニコラちゃんは行けないけど、どうですか? 」

佐藤 「 せっかくなんで行きますか? 」

藤田 「 一番多く食べた方には、ニコラちゃんのサイン入り扇子がありますよ。 」

佐藤 「 いつ準備したんですか! 先生。 」

藤田 「 僕が書いたの。 」

佐藤 「 こらー! しばくぞ~! 」





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





佐藤 「 それでは、午後の部を始めさせて頂きます。 」

藤田 「 よろしくお願いいたします。 」

佐藤 「 よろしくお願いいたします。 」

藤田 「 しかし、おいしかったねぇ。 」

佐藤 「 よく連日、食べれますよね? 」

藤田 「 麺類の中では一番好きなんですよ。 」

佐藤 「 先生は何でも食べるじゃないですか。 」

藤田 「 その中でもソバは断トツなんです。 」

佐藤 「 なるほど。 
    先生のソバ好きの話はそのぐらいにして、手順を追っていきますよ。 」 

藤田 「 そうですね。 解説しないで午後も終わってしまいそうだからね。 」

佐藤 「 黒ですが、G-9に大きくトンできました。 」


0172.jpg


藤田 「 三間? 」

佐藤 「 三間にトビましたね。 」

藤田 「 そこまで行かなくても二間で十分じゃないの? 」

佐藤 「 二間ですか? 」

藤田 「 うん。 三間は少し薄いんじゃないかな? 」 

佐藤 「 薄いですか? 天人が次の手を打ちそうですね。」


0172-1.jpg


藤田 「 ほ~ら。 ノゾキが来たでしょ。 」

佐藤 「 ここをノゾかれると黒は苦しいですね。 」




スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。