スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第166話 打ちすぎ? 

佐藤 「 難しくなっていきますね。 」

藤田 「 いずれにしても見ている方としてはすごく楽しみですね。 」

佐藤 「 あー! 」

藤田 「 これはまた・・・。 」

佐藤 「 とんでもないところに打ってきましたね。 」


0166.jpg


藤田 「 何というか、打ち過ぎじゃないかな? 」

佐藤 「 戸締りのサガリが来ているのに、動き出しましたよ? 」


0166-1.jpg


藤田 「 ここに打つとこの先どうなるのかわからないね。 」

佐藤 「 天人は、結局妥協して黒を渡らせましたね。 」


0166-2.jpg


藤田 「 その代わり白はE-13と打って中が相当厚くなったけど? 」

佐藤 「 このワカレはどうですか? 」

藤田 「 一見するとあまり黒が良いとは言えないような気もするんだけど? 」

佐藤 「 ということは、まぁまぁ白がうまくいっているのでしょうか。 」

藤田 「 わからない。 」

佐藤 「 わからない、ですか。 」

藤田 「 うん。 まだ何か狙ってそうな気がしてならないの。 」

佐藤 「 なるほど。 D-13の黒が不気味ですね。 」

藤田 「 うんうん。 その一子ね。 すごく不気味。 」

佐藤 「 先生、まったく違うところへ。 」

藤田 「 このタイミングで、そこの打ち込みかぁ! 」


0166-3.jpg


佐藤 「 先ほどでた打ち込みですが、今来ましたね。 」

藤田 「 これは黒がうまく打っているかもしれないですよ。 」

佐藤 「 といいますと? 」

藤田 「 左上の白地を少しだけど減らしてからの打ち込みなんで、
    黒の方が足早に打っているかもしれないです。 」

佐藤 「 なるほど、黒持ちですね。 」

藤田 「 僕は黒を持ちたいかな。 」

佐藤 「 となると、天人はここから盛り返していかないといけないですね。 」

藤田 「 おそらく長考になると思いますよ。 」

佐藤 「 そんなにですか? 」

藤田 「 この碁の命運を左右する一手になりそうかな? 」

佐藤 「 ということは、天人位がかかった一手でもありますね。 」

藤田 「 次の手によって勝利の女神がどちらにほほ笑むのか、
    そんな一手になるかもしれないね。 」




スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。