スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第164話 午後の部 

佐藤 「 えーっと、次の一手の集計ができあがっているのですが、
    その前に例のお楽しみの件、ご報告を先にさせて頂きます。
    一番多いお答えが、
    並んだけど時間に間に合いそうもないので食べずに帰って来た、でした。 」

藤田 「 はぁーはぁーはぁーはぁー。 間に合った? 」

佐藤  「 戻っていらっしゃいましたね。 」 

藤田 「 いやぁ~、ひどい目にあったよ。 」

佐藤 「 先生、お帰りなさい。 」

藤田 「 マジやばいよ、あそこのお店。 」

佐藤 「 で、お昼の方はいかがでした? 」

藤田 「 それがさ、すんごい行列なの。 」

佐藤 「 はいはい、それは知ってました。 」

藤田 「 これは絶対に無理だ、食べれないや、と思った。 」

佐藤 「 ですよね。 で、食べれなかったんですか? 」

藤田 「 うん。 」

佐藤 「 やっぱり。 」

藤田 「 で、帰ろうとしたら、ポスターが目に入ってね。 」

佐藤 「 ポスター? 」

藤田 「 30分で30人前食べたら無料って書いてあったの。 」

佐藤 「 ほう、で? 」

藤田 「 挑戦してきた。 」

佐藤 「 え? 30人前の挑戦ですか? 」

藤田 「 そそ。 」

佐藤 「 食べてないのでは? 」

藤田 「 挑戦する! って言ったらさ、みんなが順番譲ってくれたの。 」

佐藤 「 はい? 」

藤田 「 で、一番に食べさせてもらった。 」

佐藤 「 オーイ! ちゃっかりと食べてるじゃないですか。 」

藤田 「 マジ、おいしかった。 」

佐藤 「 みなさん、解説の方行きましょうか。 」

藤田 「 え? もう? 」

佐藤 「 仕事仕事。 ソバ30人前も食べてきたんだから働きなさい。 」

藤田 「 次の一手だったね。 集計の方は? 」

佐藤 「 とっくに終わってますよ。 」

藤田 「 さ~すが! 」

佐藤 「 たく。 空気読めないんだから。 」

藤田 「 え? 」

佐藤 「 私とみなさんだけの話なんで先生は関係ないんです。 」

藤田 「 そうなんだ。 」

佐藤 「 では、またどこかで面白い事ぶっこんで行きますんで、
    とりあえずつまらない解説ですが、午後の部始めさせて頂きます。 」
    



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。