第160話 おもむくまま 

愛 「 ところで、囲碁普及と言っても具体的に何か考えているの? 」

聖子 「 実はまだ何も考えてなくて。 」

テイ 「 なんだぁ。 何も考えてないだと? 」

亜美 「 さすがでございます。 」

愛 「 うんうん。 こういうところがある意味すごいわよね。 」

聖子 「 すごいですか? 」

愛 「 何も考えないで本能のおもむくままに思った通り生きてるんだもの。 」

亜美 「 うんうん。 だよね。 」

テイ 「 普通はだな、ああしようとかこうしようとか考えるもんだぜ。 」

聖子 「 確かに・・・。 」

テイ 「 でも、いいじゃねぇか。 とりあえず目の前の対局だけ考えれば。 」

愛 「 そうね。 
   とりあえず世間は何も知らないんだから、辞めるのやめても良いし。 」

亜美 「 うんうん。 それもありね。 」

聖子 「 それはないかと・・・。 」

テイ 「 何を言い出すかわからねぇからな、ねえちゃんは。 」

聖子 「 棋院の方にも話はとりあえずしましたので・・・。 」

愛 「 辞めるのやめてください!っていわれたでしょ? 」

聖子 「 はい・・・。 理事からお願いはされましたが・・・。 」

愛 「 そりゃ理事さんも困ったでしょうね。 」

テイ 「 理事でも打つ手なしだな。 」

愛 「 うんうん。 止めれるとしたら渚君だけかな。 」

亜美 「 うんうん。 まだ何も知らないものね。 」

テイ 「 ショックで寝込まねぇか? 」

愛 「 さすがに寝込まないと思うけど? 」

テイ 「 いなくなるんじゃねぇから、大丈夫だな。 」

聖子 「 それはそうと・・・いつ言えば良いのかと・・・。 」

愛 「 え? そこは悩んでるの? 」

聖子 「 はい・・・。 」

テイ 「 とりあえずしばらく様子見だぜ。 」

亜美 「 うんうん。 それが良いと思う。
     今は自分の勉強の事でもいろいろあるだろうしね。 」

テイ 「 最後は俺が引導渡してやるぜ。 」

愛 「 げっ。 」

テイ 「 ん? 」

愛 「 いくつお見合い壊してきたのよ。 忘れたの? 」

テイ 「 煮え切らねぇからはっきりさせただけじゃねぇか。 」

亜美 「 はいはい、お父さんは黙ってること! 口出ししない! 」

愛 「 しばし様子見で!  以上! 」




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment